Recent Research Hilights

衝突を伴う弾性体変形のためのデータ駆動法による部分空間豊富化

本研究では,衝突を伴う弾性変形のための部分空間の表現力を適応的に高めるための,データ駆動法による効率的な豊富化手法を提案する.一般に,弾性変形のための部分空間統合法(モデル削減法としても知られている)は,シミュレーションの計算時間を大幅に短縮できる.しかし,外部衝突が起こったときのように部分空間の表 … “衝突を伴う弾性体変形のためのデータ駆動法による部分空間豊富化” の続きを読む

低解像度のエネルギー遷移比を考慮した煙アニメーションの詳細付加

格子法を用いた流体の計算では,見た目の細かさと計算時間はトレードオフの関係にある.この問題に対して,少ない格子数(低解像度)で計算された速度場に対して高解像度のノイズ成分や渦を付加する手法(詳細付加)が研究されてきた.しかし詳細付加された結果は,シーン中の流体全体に細かい渦が乗っており,ノイズ感の強 … “低解像度のエネルギー遷移比を考慮した煙アニメーションの詳細付加” の続きを読む

ゲームキャラクタのためのデータ駆動法にもとづく詳細な髪のアニメーション

本研究では,高品質で詳細な髪のアニメーションをゲームのようなインタラクティブなアプリケーションで実現するための,データ駆動による方法を提案する.髪アニメーションの類似性を評価するための誤差計量を考案することで,髪の特徴を最大限に考慮する.また,二次モーショングラフ (Secondary Motion … “ゲームキャラクタのためのデータ駆動法にもとづく詳細な髪のアニメーション” の続きを読む

QEMメッシュ簡略化のためのアウトオブコアフレームワーク

エッジ縮退処理を繰り返し行うことで簡略化を行うインコア簡略化手法は,特徴的形状を保ち,かつ,高品質な簡略化メッシュを得られる手法であることが知られている.しかしながら,処理に必要とするメモリ消費量が非常に多く,一億ポリゴンを超えるような巨大なメッシュに対して適用するのは難しい.一方で,巨大メッシュを … “QEMメッシュ簡略化のためのアウトオブコアフレームワーク” の続きを読む