学生募集

研究室および教員の紹介

当研究室は,主にコンピュータグラフィックス(CG)に関する研究を行っています.近年の計算機能力の向上により,CGの高品質化,精細化や扱うデータの大容量化が進む一方で,特に応用面での課題が数多く浮き彫りになっているのが現状です.CGにおける新しい技術に取り組むとともに,これらの応用についても同時に考えていくことで,社会に貢献できるようなCG技術を追及していくことを目指しています.

当研究室が行っている研究については研究紹介をご覧ください.

教員の金井崇は東大工学部精密機械工学の出身で,博士課程のときは CAD やデジタルエンジニアリングの研究をしていました.理研でのポスドク研究員時代を経て,慶應SFCで教員をつとめていた頃から,CGのための要素技術,およびその応用に関する研究に除々にシフトし,現在に至っています.

意欲的かつ野心的な方々と一緒に研究できることをぜひとも願っています.

研究室のメンバーになるには?

学部生(4年生)

当研究室は,教養学部の広域科学科/学際科学科 総合情報学コースに属しています.ですので,4年生で入るには,当該学科の学生である必要があります.例年2月頃に卒業研究の配属があります.

大学院生(修士課程)

当研究室では以下の2つのいずれかの所属で修士課程に入学できますが,それぞれの所属で行われる大学院入試(いずれも夏季のみ)に合格する必要があります.広域システム科学系の方は秋入学も可能です.

●総合文化研究科 広域科学専攻 広域システム科学系

入試案内: http://www.c.u-tokyo.ac.jp/graduate/admission/master-doctor/
説明会等の案内: http://system.c.u-tokyo.ac.jp/p-graduate/guide.html

●情報学環・学際情報学府 先端表現情報学コース

入試案内: http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissions/master_summer/
説明会等の案内: http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/news/

なお,当研究室を志望するにあたり,必ず事前にコンタクトを取り,研究室見学等を行うようにしてください.あるいは,大学院説明会や入試説明会に参加すれば,研究内容や入試に関する情報を得ることができますので,ぜひともご参加ください.

大学院生(博士課程)

当研究室では以下の2つのいずれかの所属で博士課程に入学できますが,それぞれの所属で行われる大学院入試に合格する必要があります.大学院入試の願書等の詳細は,以下をご参照ください.広域システム科学系の方は秋入学も可能です.

●総合文化研究科 広域科学専攻 広域システム科学系
入試案内(夏季・冬季): http://www.c.u-tokyo.ac.jp/graduate/admission/master-doctor/

●情報学環・学際情報学府 先端表現情報学コース
入試案内(夏季): http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissions/doctor_summer/
入試案内(冬季): http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissions/doctor_winter/

当研究室を志望するにあたり,必ず事前にコンタクトを取り,研究室見学等を行うようにしてください

研究生

注意:研究生は,主に大学院入試(修士課程,博士課程)の準備をするための身分であり,最大で2年間在籍できます.研究生は単位を取得することはできず,また学位も取得することができません.授業は担当教員が許可した場合にのみ履修できます.
当研究室における研究生受入のための条件に関しては,別途お問い合わせください.

研究生には3種類あり,学部研究生,大学院研究生,外国人研究生があります.

学部研究生は,主に学部の学位を取得した人を対象としたもので,年に前期(6月頃),後期(1月頃)の2回募集があります.詳細は以下をご参照ください.

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/fas/admissiontofas/researchstudents/

大学院研究生は,主に修士,博士の学位を取得した人を対象とするもので,募集は年一回(例年2月末~3月初め).詳細は以下をご参照ください.

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/graduate/admission/researchstudents/

外国人研究生は,国費(文科省奨学金)と私費で応募方法が異なります.詳細は以下をご参照ください.

http://www.globalkomaba.c.u-tokyo.ac.jp/inbound/admissions.html

特に中国人の私費留学生については,以下を参考にしてください.

当研究室のメンバーになることをご希望の私費留学生へ

連絡先

研究室の見学を歓迎いたします.ご希望の方は,まず下記までメールでご一報いただくか,あるいは,お問い合わせフォームをご利用ください.その他,ご質問やお問い合わせなどもご自由にどうぞ.

金井 崇
東京大学大学院情報学環・学際情報学府 先端表現情報学コース
東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系
E-mail: