研究」カテゴリーアーカイブ

低解像度のエネルギー遷移比を考慮した煙アニメーションの詳細付加

格子法を用いた流体の計算では,見た目の細かさと計算時間はトレードオフの関係にある.この問題に対して,少ない格子数(低解像度)で計算された速度場に対して高解像度のノイズ成分や渦を付加する手法(詳細付加)が研究されてきた.し … 続きを読む

ゲームキャラクタのためのデータ駆動法にもとづく詳細な髪のアニメーション

本研究では,高品質で詳細な髪のアニメーションをゲームのようなインタラクティブなアプリケーションで実現するための,データ駆動による方法を提案する.髪アニメーションの類似性を評価するための誤差計量を考案することで,髪の特徴を … 続きを読む

QEMメッシュ簡略化のためのアウトオブコアフレームワーク

エッジ縮退処理を繰り返し行うことで簡略化を行うインコア簡略化手法は,特徴的形状を保ち,かつ,高品質な簡略化メッシュを得られる手法であることが知られている.しかしながら,処理に必要とするメモリ消費量が非常に多く,一億ポリゴ … 続きを読む

巻き込み現象を考慮した爆発におけるプルームの制御

プルームと呼ばれる爆発現象の非圧縮性のフェーズにおける浮上していく火炎や煙について,その形状や動きを制御する流体シミュレーション手法を提案する.本手法により,浮上や渦の循環といったプルームの挙動を強く特徴付ける,巻き込み … 続きを読む

リアルタイムSPH流体のためのGPUベース適応的曲面再構築

本研究では,SPH (Smoothed-Particle Hydrodynamics) 流体のための適応的な GPU 上での曲面再構築アルゴリズムについて提案する.適応的な曲面は,3段階レベルの格子グリッドから構築する. … 続きを読む

3次元点群からの頑健かつ中心を通る曲線スケルトンの抽出

3次元形状の曲線スケルトンは形状の最も重要な構造の一つであり,形状解析を含む多くのCG応用に対して極めて有用である.しかし,曲線スケルトンに関する多くの研究は,ボリュームデータやポリゴンメッシュを対象とするものである.点 … 続きを読む

物理モデルを考慮した爆発のモデリング

爆発現象における流体シミュレーションを,爆発現象の物理的な特性を考慮して手続き的にモデリングする手法を提案する.爆発の流れ(フロー)はその急激な変化や互いの干渉といった特性により,制御が非常に困難である.本手法ではフロー … 続きを読む

点群に対する頑健な MLS 投影オペレータ

本研究では,外れ値を伴うようなノイズの多い点群に対する頑健な投影オペレータを提案する.このオペレータは,Moving Least Square (MLS) 投影の拡張であり,その平滑化における性質を継承している.キーとな … 続きを読む

高速かつ頑健な点群ベースの粘弾性体アニメーション

本研究では,粘弾性体に対する高速かつ頑健なアニメーション手法について提案する.粘弾性体の高速なアニメーションは,特にゲームのようなリアルタイムアプリケーションにおいて必要とされている.ここでは,粘弾性体の挙動を正確なシミ … 続きを読む

シェイプマッチング法による体積保存を考慮した形状変形手法

物理法則シミュレーションにもとづく形状変形は,3DCGアプリケーションにおいて人間の肌や布のような弾性変形を表現するために利用される.中でも,シェイプマッチング法は,弾性体のような動きを実現する高速かつ頑健な手法として注 … 続きを読む

1 / 3123